テクノロジー
 
次世代省エネ基準をクリアする住まい 地域にあわせた高断熱設計により、次世代省エネルギー基準をクリア。

断熱性能が高く、省エネにつながる住まいづくりのために、住宅の「省エネルギー基準」が国で定められています。平成25年に、その基準が改正されました。一番の特徴が「一次エネルギー消費量の導入」です。家庭で消費される電気やガスなどの二次エネルギーを、化石燃料や水力・太陽光など自然から得られる一次エネルギーに換算。住まいの総エネルギー消費量を同じ単位で求められるため、住まい全体の省エネ性能が比較・検討しやすくなりました。また、これまでの省エネルギー基準の分かりにくさ解消し、熱性能基準に外皮表面積当たりの熱損失量で考えるUA値(外皮平均熱貫流率)を採用。住宅の規模や形状に左右されにくい基準となりました。日射熱取得料においても、外皮表面積基準とするη(イータ)A値に変更。冷房効率を数値化できます。さらに、気候条件に応じて定められた地域区分を細分化。日本全国を8つの地域に分類し、それぞれの気候特性に則した基準を定めています。「MJ Wood」では、平成25年省エネルギー基準をクリアする仕様をご用意しました。全国どこでも快適に暮らせ、エネルギー資源をムダにしない高断熱な住まいづくりを実現します。

「MJWood」省エネルギー対策等級4の場合 「MJWood」省エネルギー対策等級4の場合
開口部は、「高断熱」と「高遮熱」タイプの複層ガラスで冷暖房効率を高めます。

開口部はもっとも熱が逃げやすい部分であり、住宅内の多くの熱が窓から失われているといいます。
「MJWood」の窓ガラスには、空気層を設けた複層(ペア)ガラスに特殊金属膜をコーティングした2種類の高性能複層(ペア)ガラスを採用しています。

Ⅱ地域では、室内の熱を逃げにくくする効果がある「高断熱タイプ」を使用。Ⅲ地域以南では、夏場の日射の侵入を効果的にカットする「高遮熱タイプ」で窓の断熱性を向上。
結露の発生も抑制し、冷暖房効率を高めてより省エネで快適に暮らせる住まいをご提案します。

Low-E複層ガラスⅡ地域用(高断熱タイプ) Low-E複層ガラスⅢ・Ⅳ・Ⅴ地域用(高遮熱タイプ)
素材により熱の伝わり方はさまざま。木は断熱性の面でもすぐれた住宅素材です。

住宅の3大素材、木・鉄・コンクリートの熱伝導率の比較実験※で、
下面を約7℃の冷水に浸し、上面の表面温度を測定。
鉄の急速な温度低下が特に目立ち、逆に木は約10分後でも表面温度は5℃程度しか低下しませんでした。
※ミサワホーム総合研究所調べ

熱伝導率比較実験(冷却)
高レベルな室内空気環境を追求。24時間換気システムも装備しています。

アレルギー性の喘息や鼻炎などの体調不良を訴える「シックハウス症候群」は、建材に含まれるホルムアルデヒドなどが主な原因物質とされています。「MJWood」では、ご家族の健康に配慮したシックハウス対策を実施。
床・壁・天井の仕上げ材はもちろん、構造用合板や集成材においても、JIS・JAS規格のホルムアルデヒド発散量基準で、もっとも安全度が高い等級のF☆☆☆☆(フォースター)相当の建材を使用。要求レベルがF☆☆☆である天井裏についても、最高等級のF☆☆☆☆を使用しています。また、「24時間換気システム」も装備。機械による給排気システムにより高い熱交換を行い、快適性を維持しながらすぐれた省エネ性能を発揮する「全熱交換型」と、「自然給気・機械排気型」の2タイプをご用意。「MJWood」は、高レベルな室内空気環境を追求しています。


 このページのトップへ