テクノロジー
 
高精度なMJマルチジョイント接合 高精度なMJマルチジョイント接合
従来の工法の弱点“通し柱の断面欠損”を克服。高精度接合で、約1.7倍の強度を実証。

従来の木造軸組工法は、通し柱と梁を“点”で接合するため荷重が集中することが弱点でした。さらに、ほぞとほぞ穴などを組み合わせて接合するため、構造部材の接合部分に断面欠損が発生し各部の強度が弱まる懸念があります。
「MJWood」は、くるいが少ない構造用集成材を使用し、構造体の要となる部位などを金物接合で緊結。実験による接合部の強度比較では、一般の木造軸組工法の仕口に対し平均で約1.7倍という結果を出し、すぐれた強度を実証しました。

接合金具 一般の木造軸組工法の断面欠損イメージ 「MJマルチジョイント」断面欠損イメージ
工場であらかじめ加工しておくので、現場ではスピーディー&高精度に施工。

「MJWood」では、建物の主要となる部位ごとに最適な金物を使用し、合理的に施工しています。通し柱や管柱と梁の接合では、工場で構造部材にあらかじめスリットとピン穴を加工し、金物で取り付けまで行います。現場では、柱の金物に合わせてスリットを入れた梁を落とし込み、ピンを打ち込めば完了。通し柱などににかかる強い引き抜き力に十分対応できる強度を発揮します。また、金物接合でない接合仕口においても、プレカット工場であらかじめほぞやほぞ穴加工を行っているため、現場での加工はなく、組み付けや組立てが中心となります。
このように現場施工が容易で、作業者の技量に左右される心配がないため、スピーディで高精度な施工を実現できるのです。

ほぞ穴加工
各接合部の耐力を正確に検証。公的機関の性能認定を取得しています。

「MJWood」は、沖縄に古くから伝わる木造軸組工法「貫木屋(ヌクジャー)」からヒントを得て開発された接合金物(※2)を使用しています。主要な金物については、公的機関である(財)日本住宅・木材技術センターの性能認定(Sマーク)を取得。地震や暴風に強い接合金物です。

※2 建築金物専門メーカー(株)タツミが製造。各種検証を実施。

強度試験を定期的に実施して検証 公的機関の性能認定(Sマーク)

 このページのトップへ