テクノロジー
 
自然のチカラをいかす住まい
先人の知恵を現代にいかす、ミサワホーム独自の「微気候設計」。

昔の日本家屋は、風通しをよくし、深い軒で日射を遮るなどの工夫により、高温多湿の夏をしのぎやすくすることに主眼をおいて家づくりをしていました。

ミサワホーム独自の「微気候設計」は、高断熱など高い住宅性能をベースに、そういった先人の知恵を現代の住まいづくりに取り入れることで、自然環境や気候風土をいかした快適な室内環境を実現します。「微気候」とは、住まいとその周辺に限ったミクロな気候のこと。

たとえば庭の植栽で風を導き、直射日光を遮るのも微気候設計のひとつです。「MJWood」でも、地域の気候を把握した上で、それぞれのお住まいの敷地やプランごとに、最適な微気候設計をご提案。
人にも地球にもやさしい暮らしを、トータルに実現します。

日本の伝統的な民家 自然の心地よさを取り入れた住空間
陽射しを遮り、風を採り入れ、涼しく暮らす、夏の「微気候設計」。

陽射しを遮り、風を採り入れ、熱気を排出するのが夏を涼しく暮らす知恵。夏の高い陽射しを遮る「深い庇」や、陽射しは遮りながら通風を確保する「格子建具」、夜間蓄冷効果のある「土間」など、さまざまなアイテムをご用意しています。
また、風通しを良くするため、地域ごとの特性を把握した通風設計や、暖まると上昇する空気の性質を利用した「温度差換気」をご提案。1階開口部を風の入口とし、「吹き抜け」を経て出口に「トップライト」などを設けることで、高低差により自然に風が流れ、無風時も室内の熱気を排出できます。

風を通す「ルーバー建具」 光を遮り風は通す「格子建具」 蓄冷・蓄熱効果のある「土間」
陽射しを採り入れ、室内の暖気を逃さず暖かく暮らす、冬の「微気候設計」。

暖められた空気を逃がさないのが、冬を快適に暮らす知恵。「高断熱複層(ペア)ガラス」などの開口部から、冬の低い陽射しをたっぷり採り入れます。「吹き抜け」にも開口部を設ければ、部屋の奥まで陽射しが届きます。「太鼓障子」は、昼に閉めれば陽射しの暖かさを蓄え、夜は暖気が逃げるのを抑制。「トップライト」からは、暖かな光を採り入れます。冬の日中に太陽熱を蓄え、夜間に放熱して室温の低下を抑える「土間」なども効果的です。また、冬の乾燥をやわらげる、吸放湿性のある内装材・建材もご用意しています。

排熱・採光する「トップライト」 断熱する「太鼓障子」 採光する「吹き抜け開口」 夏の微気候設計 冬の微気候設計

 このページのトップへ