テクノロジー
 
木でつくる、強い住まい 柱と梁を力強く組み合わせる日本の伝統工法がベースです。

住宅はもちろん、寺社や城など、ほぼすべての伝統的な建築が木造である日本。
柱と梁を力強く組み合わせてつくる木の住まいは、木の文化に親しんできた私たちに、深い愛着を感じさせてくれます。

「MJWood」の住まいの基本は、こうした日本の文化、風土、気候に適した伝統工法。
筋交いや金物の使用によって強度を増した木造軸組工法に、ミサワホームの先進技術を融合させることで生まれた耐震木造住宅です。木ならではのやすらぎに確かな安心をプラスします。

設計やコストの自由度が高い木造軸組工法の長所を最大限にいかすことで、お客さまのライフスタイルや将来設計といったご要望にきめ細かく対応することが可能です。
また、工場で一貫生産されるプレカット構造材により、現場での部材加工はなく、効率的でスピーディな施工と安定した品質を実現。耐震性にすぐれ、自由度の高い、高品質な木の住まいです。

日本の伝統工法
従来の軸組構造に“面”の力をプラスすることで、大地震に強い耐震木造住宅となります。

家の強さは、柱の太さや釘の耐力、壁の強度など、各パーツの仕様・性能だけでは図れません。家全体の耐力が大切なのです。「MJWood」では、“木”が本来持っている特長を生かしながら先進の技術を取り入れ、「木でつくる強い住まい」を追求。
通し柱と梁など、主要な部分は金物接合で緊結した上で、一部の外壁部分に“面(構造用合板)”を加えることで、変形やねじれを抑えます。さらに、壁の強度をいかす要となる床や屋根についても“面(構造用合板)”を用いることで、接合部に力が集中せず、家全体でバランスよく強さを発揮できます。

MJ Wood工法
構造用合板を一部に用いることで、“耐力壁”を強化することも可能です。

“耐力壁”とは、建物にかかる水平荷重に耐えることができる、構造的に重要な壁のこと。その強度は“壁倍率(※1)”で表されます。
「MJWood」は、シングル筋かいとダブル筋かいの耐力壁に加え、シングル筋かいに構造用合板を加えた壁倍率4.5倍の壁を建物の一部に最適なバランスで配置。強度が高いため壁が少なくてすみ、間取りの自由度が高まります。

※1壁倍率:基準の耐力壁に対して何倍の耐力があると判断された数値。壁倍率1.0は幅1m当たり1.96kN(200kgf)の力を加えた際に変形角が1/120以内、壁倍率2.0は2倍の力を加えても同変形角に収まる剛性を指す。

壁だけでなく、床の強さも重要です。28㎜厚の構造用合板で、歪みを抑える「剛床」。

住宅の床は、人や家具などの重さを支えるだけでなく、地震などの外力による建物の歪みを抑える役割も果たしています。「MJWood」では、床材に28mm厚の構造用合板を使用し、接合力の高いN釘(75mm)により、150mm間隔での釘打ちを実施。さらに、強固な接着接合で床剛性を向上。住宅性能表示制度の基準をクリアした“剛床”を実現します。

構造用合板
JAS規格の高品質な構造用集成材を使用。プレカット工場で、高精度に加工しています。

木造軸組工法の構造材には、法律的に耐力の欠点がないものを使う必要があります。しかし、乾燥条件や木質材料の種類に細かな制約がないため、使われる構造材はさまざまです。
「MJWood」の柱や梁に使用する木材は、工場でつくられたJAS規格の高品質な構造用集成材。
一般の木材と比べて品質が安定し、一定の強度を確保できるため、大開口やロングスパンの建物にも採用されています。
もちろんすべて乾燥材なので、くるいや割れも極めて少なくなります。

JAS規格の高品質な構造用集成材

*天井高は2m40cmが標準です


 このページのトップへ